ラノベ感想:ギルドの受付嬢ですが、残業は嫌なのでボスをソロ討伐しようと思います4

技術,ライトノベル,受付嬢,残業,異世界,社畜,電撃文庫,香坂マト

すべての社畜に贈る、理不尽をなぎ倒す(物理)スーパーヒロインの物語。命大切に。通称「ギルます」。

現実世界ではオリンピックイヤーでしたが、作中世界もギルド主催の4年に一度の闘技大会。その参加申し込みは専用窓口を設ける程。そして、地獄の窓口担当と称される担当者に3年目ながら抜擢されてしまったアリナは、なんとかこなそうとするが…。というお話。

あらすじ

騒動もおさまり久々の定時帰りを満喫するアリナさん。私生活は充実し、心は満たされ、笑顔の絶えないOL?ライフを満喫していた。そんな彼女が4年に一度の闘技大会の受付担当に抜擢されたことで運命が一変。通常はベテランが担当する激務だが、今年はカウンター長の「並行してダンジョンとか発見された時にベテランがいないと通常業務が回らなくなるから」という理由で3年目のアリナが「君ならできる」という激励(根拠のないありがた迷惑)と共に抜擢される羽目に。

前任の引き継ぎ書を見れば「とにかく頑張れ」、闘技大会マニュアルを見れば「大変だけど頑張れ」という虚しい言葉しかない状況で、ジェイドを巻き込んでの連日残業という地獄へと転落するアリナさん。

一方、ギルドマスターに復帰したグレンは、「あの方」の正体を探るべく、不倶戴天の敵対関係にある「闇ギルド」のマスターを訪ねることに。

とある「些細な事情」で優勝商品をなんとしても手に入れなければならなくなったアリナは「白銀」と組んで闘技大会に出場することになるが、そこに不思議な「魔術」を使う参加者が現れ、事態はあらぬ方向に…。

元社畜の心に刺さる第4巻

まあ、今までもズサズサと心に刺さってきたのですが、今回もこれまで以上に刺さりました。

イベントもののマニュアルは書かないよね

社畜をやっていれば通常業務に追われるのは当たり前ですが、そこに割って入るのが何らかのイベントもの。日頃の業務に追われているのに、なんらかの事態で突発的に発生したり、期毎、年毎、数年毎とかで余計な仕事、もとい、イベント的な業務が発生します。通常業務についてのマニュアルとか手順書だって、穴だらけだったり、なかったりする中、この手のイベントものもなかなかマニュアルとか手順書とか残らないものです。いや、心に刺さる刺さる。

「マニュアル書よ。過去の担当者が、自分が去ったときに備え未来の担当者に向けて書く遺言…もとい!業務の一連の流れとか、ノウハウとか、過去事例をまとめたもの……!四年に一度とは言え、過去に開催されているなら必ず残っているはず……あった!」

当人もわかっていたはずです。しかし、どうしても希望を抱いてしまいます。そして…玉砕します。そう、そんな手順書だのマニュアルだの作業メモを残す暇もなく忙殺された過去の担当者は辞世の句だけ残して去っていくのです。

実際、なんとか残そうとはするのですが、終われば溜まっている通常業務が待っているので、結局そんな暇がなかったりします。残すならば、忙殺されているイベントものの最中にざっとメモっておくくらいしかできません。それだけでもあれば御の字なのですが。

話を聞かないやつは人間じゃない

これはまあ自分がそういう場合もあれば、そういう輩を前に殺意を抱く側になったこともあります。忙しいときに限って、注意事項とかちゃんと読まずにノープランで突っ込んでくる人が大抵います。はい、すみません。

一応、ギルド本部では、掲示板やチラシを使って、参加申請のやりかたを何日も前から広報しているはずである。だが、通常のクエスト受注でさえまともにできないクソ冒険者どもが、そんな説明を事前に読み込むはずがないのである。

そうなんですよね。この後、どうにかして事前に気づいてもらおうとジェイドを巻き込んで色々対策をするのですが、見事に玉砕するまでがお約束です。

一番大事なのは懇切丁寧に説明することではなく、どうしたら間違いないように記載してもらえるか、必要なものを揃うようにするか(揃えてもらう、ではない。どうせクソ野郎は揃えない)だったりします。つまり、制度設計が超重要。それを気付いてか気付かずか、お上は一般人に過大な期待をして手抜きするので、末端が苦しめられることになります。

その結果として、こんな悲劇が繰り返されます。末端にはそれを改善する余裕なんてありません。

「初日は参加申請のルールをよく読みもせず押しかけた冒険者を、なんとか捌いた感じか」

「その通り、でも聞いた話では毎回こんな感じらしいわ。終始冒険者に振り回され、事務処理能力の高い受付嬢が体当たりでそれを捌く…実に非効率。四年に一度しか開催されないから、ろくに改善策も練られないまま次回へ引き継がれてしまうせいでしょうね」

そう、能力の高い人がなんとかしてしまうので、上から見れば大変だったけど乗り切った、で終わってしまいます。能力の高い人はその後、溜まった通常業務に戻らなければならないので、四年後にまたやりたいとは思わないし、その四年後の誰かのために溜まった通常業務を置いて何とかしようというモチベーションも出ません。そして、悲劇は繰り返されます。

休日出勤は天国…という名の地獄

はい、本当に社畜あるあるです。休日出勤とか、電車は空いてるし、誰もいないし、変な電話もかかってこないし、サイコーとか思っちゃいます。自分は休出でも普通にスーツで出社してましたが、中には休出ならラフな格好ができる、という方もいるでしょう。実際にそういう人多いです。まあ、そうとでも思わないとやってられないという現実逃避の一種かと思います。真面目に、以下の部分は身につまされました。

「でも大丈夫…休日出勤は天国だから……」

アリナは無理やり口の端を吊り上げて、捻り出すように強引な希望を口にした。

「なにしろ窓口は閉まっているからね……あの話を聞かないクソ冒険者の相手をせずに済むし、上司や先輩たちの目を気にすることもなく、一人で事務室を悠々と使い、一日中自分の仕事に集中することができるんだから、休日出勤はまさに天国ーーって……」

言いながら、アリナはふと、自分がとんでもないことを口走っていることに気がついた。

(中略)

「”残業と休日出勤は仕事が捗るからありがたい”とか言い出したら終わり、終わりなのよ……末期症状なのよッ!いつの間にか自分の平穏よりも仕事の優先順位が高くなってしまっている証拠……!

(中略)

目を覚ませ!休日と定時帰りを潰されてありがたいわけあるかあああ‼︎‼︎」

まあ、自分の場合はそんな希望は遥か昔に捨てましたけど。

ちなみに、末期になると平日は有給とって休出したいとか考えます(笑)。正確には代休ですね。なお、休出すると代休が推奨されました。そうすれば休出分の手当を会社は出さなくてすみますから。休出は割り増しがありましたので(なお、みなし管理職で残業代は出ないですが、割り増し分は出ました)。
ただ、休出するような状況で代わりに平日休むなんてできたら苦労はない、というのがオチになります。まあ、平日にどうしても所用があるので休む代わりに代出というのは、社畜じゃなければ有り得るでしょうけど。

なお、三年目にして夜中?に買い物に出て記憶がないとか、かなりヤバいと思います。実際、帰宅時に立ったまま意識がないとか普通に有りますけど(電車のドアに寄りかかってたはずで、そのドアが開くはずの駅を気づいたら過ぎていたりとか。さて自分はどうしたんだろう?何ヶ月か他所の手伝いで普段と違う職場に出向き、朝8時半から23時くらいまで仕事してた時期、具体的な作業内容とかどういう生活をしていたのかさっぱり覚えてないし)。

まあ、アリナさんはたまに定時帰りできるようですけど。自分の場合、呑み会の時くらいしか定時退社なんてできないことの方が多かったです。

そして謎が増えた

前巻のラストでアリナに関わるある人物の秘密が明かされたので、てっきり今巻はその絡みで進むかと思ったら肩透かしでした。まあ、実際、その人物が今回の一件に関わってはいたわけですけど。

そんな中、また巻末でアリナに関わる秘密が明かされました。いや、中盤でのギルドマスターと闇ギルドマスターの話の中で話題になった際に、これ伏線ぽいとは思いました。現在のアリナの人格形成に多大な影響を与えたあの人物の正体は何らかの秘密がありそうとは思ってましたので。1巻で出てきただけならともかく、その後もたびたび触れられていますから。

そんなわけで、あの人物とかの人物と「あの方」の正体が気になるところです。この三者が同一人物なのか、それはミスリードで更なる秘密があるのか。そもそもアリナは何者なのか。こうまでくると「全てが偶然」とは都合が良すぎですので。

色々心に刺さりますが、まだまだ先が楽しみです。

公式サイト

こちらはコミカライズです。